作業療法士 OT 求人 転職

作業療法士OT求人転職|良い求人を見つけるためにはここ

作業療法士の方で転職したくて求人を探している方もいるかと思います。
ですが、いろいろ調べてみても求人もそうですが、情報が非常に少ないというのがわかると思います。
そこで当サイトでは作業療法士の転職体験談やおすすめの求人サイトを紹介したいと思います。
作業療法士の転職の参考になれば幸いです。

目次

作業療法士が転職を考える理由
転職支援サービスがおすすめの理由
おすすめ作業療法士OT転職支援サービスサイト

作業療法士が転職を考える理由

転職を考える理由はいろいろあるとは思いますが、給料が安いとか職場に不満があるなどが多いのではないでしょうか。
作業療法士で給料が安くもう少し高いところでと考えている方も多いのではないでしょうか。
そして、働く場所も病院などの医療機関や老人ホームの福祉施設など様々で職場に不満ということもあるのではないでしょうか。
そういったところを解消するためには転職支援サービスがおすすめかなと思います。
私も利用したことがありますが転職活動が有利にかつスムーズに進められるという印象があります。
では転職支援サービスとはどういったものなのかというところです。

転職支援サービスがおすすめの理由

転職支援サービスは専任のコンサルタントが求人の紹介や情報提供など様々な転職のサポートをしてくれます。
具体的はあなたの希望に沿い、あなたに合った求人の紹介、非公開求人の紹介、面接対策、あなたに代わって給料などの条件交渉などなどかなりの面で転職の支援をしてくれます。
情報や知識を持っているコンサルタントなのでいろいろ相談するのも良いと思います。
これなら給料面や職場に関しても希望の条件のところで働ける可能性も高くなるのではないでしょうか。

転職支援サービスのポイントまとめ

◇あなたに代わって条件交渉
◇面接対策
◇専任のコンサルタントが様々な情報を提供
◇表には出てこない非公開求人がある(転職支援サービスによる)

おすすめ作業療法士OT転職支援サービスサイト

マイナビ医療介護のお仕事

マイナビが運営する医療介護の作業療法士OTの転職サービスです。
マイナビと言えば求人転職サービスでは大手でご存知の方ばかりだと思います。
求人数や情報量なども豊富だと考えられますし利用しておきたいサービスではないでしょうか。
どこがよいのかわからないと言う方はチェックしてみてはどうでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒マイナビ医療介護のお仕事

 

MEDFit(メドフィット)

MEDFitは医療・介護・リハビリ業界に特化した人材紹介サービスを行っています。
PT・OT・STの無料求人紹介・転職サポート以外にも看護師、介護などもも行っています。
MEDFitのポイントは最短3日で入職ができるというところや専任のコンサルタントが現場に足を運び生の情報を収集しているというところです。
ですから求人に関して良い生の情報を得られるのではないでしょうか。
非公開求人も紹介してくれたりしますので利用してみてはどうでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒メドフィット作業療法士

 

PTOT人材バンク

PTOTと申しますのは、理学療法士(PT)と作業療法士(OT)の意味になっておりまして、近年、社会の高齢化などに伴った形で福祉関連の人材も多く求められるようになってきておりまして、これらの関連の求人も全国的に増えてきている状況があるようです。
こちらのPTOT人材バンクにおきましては、こうした福祉関連の国家資格を有する方々の求人情報を専門にご紹介している内容となっています。
東証一部上場企業が運営する理学療法士(PT)/作業療法士(OT)/言語聴覚士(ST)向けの国内最大級転職支援サービスで外せないサイトではないでしょうか。
関連の転職体験談などを参考にしてみますと、こちらのサイトを利用する利点などもよく分かるようになってくるようです。
それぞれの方の必要に応じた形で、ぜひ一度関連情報をご参考になさってみてはいかがでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒【PT/OT人材バンク】無料登録

PTOT人材バンク転職口コミ体験談

PTOT人材バンク作業療法士の転職体験談について

PTOT人材バンクの作業療法士の転職体験談をお話したいと思います。
わたしがPTOT人材バンクに登録をしてから作業療法士の仕事があるとお話を頂いてからはそう難しくも無く転職が決まっています。 
仕事をサポートしているだけあって人間性や個性や魅力などを企業にアプローチしているみたいで企業側からほしいと話があり、転職後も働きやすい自分の要望に沿った職場を見つけてくれるというのが登録をして良かったと思う所です。
転職後はキャリアアップにもつながり仕事にやりがいを持ち働けています。

 

キャリアブレイン

キャリアブレインは医療、介護専門の求人・転職サイトです。
看護師、薬剤師、医師、介護、理学療法士、作業療法士などの求人を取り扱っている企業です。
作業療法士の求人も取り扱っているのでチェックしてみてください。
専門ニュースや適職診断コンテンツなどのサブコンテンツも充実しており転職の役に立つのではないでしょうか。

キャリアブレイン転職口コミ体験談

キャリアブレインを利用して転職体験談

私はキャリアブレインを利用して転職をしました。
作業療法士としてもっとキャリアアップをしたいと考えた私の、転職体験談を記述します。
ここキャリアブレインには沢山の有益な情報が溢れていて、私の強い味方となってくれました。
今は新しい職場で、更に実績を積み勉強をしています。
もし、現在の自分の職場に何かしらの不安や疑問を持っている人がいるのであればキャリアブレインに登録をすることで最初の一歩踏み出してほしいと思います。

作業療法士の転職体験談

作業療法士である私の転職体験談を書きたいと思います。
私は以前働いていた病院での度重なる残業に、大変疲れていました。
そこでもっと好条件の職場に転職をしたいと考えたのです。
大学時代の友人に相談をしたところ、キャリアブレインを勧められました。
この友人もキャリアブレインを利用して、転職を成功させていたのです。
私はすぐにインターネットからキャリアブレインに登録をしました。
そして、今のこの職場に出会ったのです。
キャリアブレインがあって、本当に良かったです。

 

作業療法士の転職には履歴書・職務経歴書・面接対策が大事

転職を成功させるには履歴書・職務経歴書・面接対策が大事なのは当然です。
おすすめは転職支援サービスを利用することで転職を成功させる可能性が上がると考えているのですが自力でという方はいろいろ調べて頑張ってみるのも良いのではないでしょうか。

作業療法士の履歴書の書き方について

医療機関などでは医師や看護師他にもいろいろな職種で求人を募集しています。作業療法士もその中のうちの1つです。主にリハビリなどをする際に患者の手助けをする役割を果たす職業ですが、求人に応募をする際には履歴書を書かなければなりません。履歴書の書き方次第で印象が大きく変わって来ることもあるため、正しい書き方を身に付けましょう。
まず、学歴の欄には中学校卒業を最初に書きます。そして、高校以降は入学と卒業の両方を書くのが一般的です。学校名は略称ではなく、正式名称を記載しましょう。略称を記載すると、あまり印象が良くないためです。特に作業療法に関することを学んだ学校に関しては、丁寧な字で書くことが望ましいです。学歴の後には職歴を記載します。アルバイトなどは長期間働いた場合には記載した方が無難でしょう。作業療法に関する仕事なら、業務経験があるというアピールに繋がります。
そして、資格欄には作業療法士の資格を取得した年月を性格に記載します。この際に合格発表の時を基準にして書くという点に注意しておきましょう。作業療法の仕事と直接関係のない資格も記載して差し支えありませんが、簡単に取得できる資格は特に書かなくても問題ありません。

作業療法士の職務経歴書の書き方について

作業療法士の方で現在、就職活動を為されている方はいらっしゃるでしょうか。
介護や医療の業界は慢性的に人不足とは言われていますが、だからといって応募すれば確実に採用されるとは限りません。普通に就職活動をしているはずなのに、なかなか採用に結びつかないという方もいらっしゃるでしょう。その方のために、まずは職務経歴書の書き方から見直してみませんか。

 

新卒の応募以外であれば、履歴書とともに必須な書類である職務経歴書ですが、決まった雛形というものがありません。おおよその形式はありますが、自分のキャリアや応募先の求人内容などに合わせて自分で内容を考えなければいけないために、この書類で差がついてしまうことが多くあります。では、作業療法士はこの職務経歴書には何をメインに書けばいいのでしょうか。ずばり、言いますと、「今までの勤続先の営業形態や常時扱った人数」をできるだけ詳細に書けばいいのです。ついつい、熱がこもってしまって仕事に対する熱意や当時取り組んだ内容について深く書いてしまう人がいるのではないでしょうか。それは、決して間違っているわけではありませんが、求人を出している企業が欲している情報ではないことがしばしばです。企業は、自分たちの職場の環境にどれだけ早く適応できるかをまず知りたいのです。ですから、前の職場との勤務内容が分かれば、企業側は自然と採用後の状態を想定しやすくなるのです。

作業療法士の仕事についても面接対策のウェイトは大きい

医療系の専門的な仕事である作業療法士の仕事に従事するためには、専門的なスキルを持っていることが求められることになりますが、スキルを持っているだけでは転職に成功することはできないので、しっかりと応募する企業などに応じた対策をすることが重要になります。
求められる人物像は応募先によって違いがあるので、しっかりと社風や求められている人材などを把握したうえで面接対策を行うことが成功への近道となるでしょう。
もし、転職活動自体に慣れていないという人の場合には、面接対策のために専門家などからアドバイスをもらうことも必要となるでしょう。
作業療法士の資格を持っている人が面接対策をアドバイスしてもらうためには、その業界の事情に詳しい人からアドバイスをもらえたほうが実効性が高いアドバイスをもらうことができるでしょう。
アドバイスをもらうことができれば、その分、採用される可能性が高くなり、希望している仕事に従事することができることになるので、積極的に転職支援サイトは活用していったほうが良いでしょう。
作業療法の仕事は、専門的なスキルも重視されることになりますが、大変な仕事となるので、やる気をもって取り組む姿勢も高く評価されることになるでしょう。

転職を成功させるためには

転職が成功するというのはどういったときなのかというとやはり自分の希望通りの会社に転職できるということです。
そして、実際働いてみてもやはり良い会社だったということが理想の転職成功の形だと思います。
こういった形で転職を成功させることを誰もが望むわけですが就職と違って難しいところもあります。
なぜなら会社は求人に空きができると求人を募集するわけですからその空きができた人材にあなたなどの求職者が入ることになるわけです。
空きができた理由が結婚や妊娠など会社が嫌で辞めたわけではないのであれば良いのですが会社の待遇や人間関係が問題で辞めたという方も多いのではないでしょうか。
そういった方の次に入る人を募集している可能性も高いわけですからあなたの希望通りの良い会社という可能性は高くないわけです。
ですから普通に転職活動をしていてもなかなか良い求人は見つからないし、見つかったと思っても応募が殺到して厳しいということが多いわけです。
そこでいろいろ調べていくと転職支援サービスというところにいきつくわけです。
実際私も利用してそこに行き着きました。
上でも少し紹介したように希望の会社に転職できる確率が上がるのかなと思っています。
条件も交渉してもらって普通にはわからない会社の情報も持っていたりするわけですから実際働いてみてやっぱり違ったということも少なくなるのではないでしょうか。
非公開求人などは表には出てこないわけで求人によっては空きができたから募集しているのではなくて必要な人材を求めているので非公開にしているということもあるのでそこにはやりがいがある仕事であったり優良の求人がある可能性もあると思います。
転職を成功させるには他の求職者に勝たなければいけませんからそういった優位に立つためにも転職のサポートをしてくれる転職支援サービスはオススメなのかなと思います。

作業療法士の転職について

作業療法士は、大きく身体的障害や精神的障害やリハビリ等色々な領域で活躍できる仕事です。
作業療法士も、その現場においては全く違う種類の仕事になってくるかと思いますので、転職の際は、給与、休日のことはもちろんですが、今までのキャリアを活かして更にキャリアアップさせるか、違う分野でよりレベルの高い作業療法士を目指すか、自分がどこの現場で働きたいかなど、先に決めておいて方がいいと思います。
転職の失敗面としては、新しい職場で自分の今まで培ったものを全く活かせず、一から築きあげなければならない場合があることです。
なかなか自分の思うような仕事ができず、ネガティブになってしまうこともあるかもしれません。
療法士自体、多様性や可能性を求められることもあるかと思いますので、自分がその現場で何ができるのか、自分の持っている理想も大切にしつつ、可能性は無限大なので、転職体験談など色々参考にし、諦めず自分のキャリアを高めていければいいと思います。

作業療法士の転職体験談などについて
世の中には、転職についてお考えになられているような方も数多く存在しているのではないかと思いますが、関連の転職体験談などを参考にしてみますと、初めての方でありましても、その周辺事情がよく理解できたりするようになってくる部分もあるのではないのでしょうか。
こうした転職と一言で申しましても、業種別にさまざまな内容のお仕事が存在しているのですが、作業療法士と呼ばれる資格を有するお仕事もその中のひとつであると考えることができるようです。
時代とともに、社会の高齢化が進んできていることもありまして、こうした福祉関連の求人は、全国的に多く存在している部分もあるように見受けられます。近年におきましては、オンライン上から関連の求人を条件検索することもできるようになってきておりますので、これらの関連情報をご参考になさってみるのもよろしいのではないかと思います。
関連の体験談を参考にしてみますと、より自身が充実して働くことのできる職場に移ることができたなどの内容を知ることもできるようになっていました。
それぞれの方の必要に応じた形で、ぜひこうした転職についてよくお考えになられてみてはいかがでしょうか。

作業療法士の転職について

作業療法士は、国家試験に合格をした人だけが得ることができる資格です。
ですから誰でも簡単になれるものではなく、この資格を取得していることでとても就職が有利になります。
作業療法士の転職も同様です。
日本のどこに行っても、職を得ることができるのです。
作業療法士の転職にあたってとても便利なものがインターネットを利用して登録をすることができる、転職サイトです。
昨今は医療求人専用のサイトやリハビリテーションに関わる求人専用のものも少なくありません。
もちろん、ハローワーク等の公的な機関でも作業療法士の転職先を見つけることはできますが、こういったサイトを利用すれば非公開求人の情報を入手することもできます。
この非公開求人の情報はとても希少なもので、なかなか一般に公開されるものではありません。
好条件そして好待遇の職場が多いことから、大変人気が高くなっています。
こういったサイトに登録をするにあたって、費用が発生しないものも多数あります。

理学療法士PT求人について

医療、福祉関連の仕事として作業療法士OTと同様に理学療法士PTも紹介しておきます。
仕事は一言でいえばリハビリです。
骨折などをしてもリハビリをしますね。
詳しいことはこちらの理学療法士PT求人を参考にしてみてはどうでしょうか。